大阪市・住之江区の鍼灸整骨院です。
肩こり・腰痛・更年期障害などの痛みや不調を相談ください。

定休日/日曜・祝日・土曜日午後
北加賀屋駅3番出口から徒歩3分
交通事故・労災取扱い・鍼灸、各種保険取扱

予約優先制・ご新規様は一日3名様まで 06-6682-3171 「ホームページをみて...」とお電話ください。
ゆう鍼灸院

内側側副靱帯

こんにちは! 住之江区緑木にある【ゆう鍼灸整骨院】です。

いつも当院のブログを読んでいただきありがとうございます

このブログでは、当院で行っている治療法やいろいろな疾患のこと、身体のための体操からちょっとした豆知識まで紹介させていただいております。

 

 

 

 

サッカー、フランス1部リーグマルセイユに所属する日本代表DFの酒井宏樹選手が左膝の内側側副靱帯を痛めました。

ここでも何回か紹介させていただいてますが、内側側副靱帯は膝関節を支える組織の中でも重要になってきます。
当院にもこの靭帯を痛めて来院される患者さんがたくさんおられます。
そのうちのほとんどの方がスポーツ中に受傷しています。
受傷したときの状況で多いのが『ターンをしたとき』や『ジャンプの着地時』。
例えば右足を軸にして左回りでターンをしたとき、
膝から下は地面に固定されたまま、膝から上は左回旋していきます。そのとき膝の内側に負荷がかかり内側側副靱帯を痛めやすい体勢になります。
ジャンプの着地時も同じで着いた足よりを内側へ膝が入ってしまうと内側側副靱帯め痛めやすくなってしまいます。
スポーツをしている方の中には、『近々大事な試合がある』『いま練習を休んだらレギュラーからはずされる』などが理由で膝の痛みを我慢してでもスポーツを続行しなければいけない人も少なくありません。
そんな人は「スポーツ禁止!」といってもやってしまうことがあります。
ケガの程度が重症なときは止めますが、それ以外のときは、治療をしながらテーピングで膝を保護してスポーツをしてもらうときもあります。
このテーピングもガチガチに固めすぎると動きづらくて、ご本人がコッソリ外してからスポーツをしてしまうこともあるので、ケガの程度と動かしやすさの両方を考慮しながら保護していきます。
本当はケガの程度が重くなくても休養をとるのが一番。
もっと言うと、ケガをしないのが一番。
ですが、スポーツにケガは付き物です。
ケガをしてしまうのは仕方がないので、『できるだけ早めの処置』を心がけてください。
●当院へのアクセス  地下鉄四ツ橋線  北加賀屋駅  3番出口より徒歩3分
●ご新規の患者さん1日3名様までで、予約優先制とさせていただいております。
●定休日  日曜日・祝日・土曜日午後
ご予約の際は『ホームページを見て、、、』とお電話ください。   ご予約でなくても気になることやご相談があればいつでもお電話ください。  

肩こり・腰痛・更年期障害 ゆう鍼灸整骨院

〒559-0022
大阪市住之江区緑木1-1-2
田中ビル1F

住之江区北加賀屋駅3番出口より徒歩3分
スーパーマルナカさん向かい

予約優先制・ご新規様は一日3名様まで 06-6682-3171 「ホームページを見て...」とお電話ください
受付時間
9:00〜12:00
(8:30〜13:00)
15:00〜20:00 -

※日曜・祝日・土曜午後は休診です。
※お名前とご希望時間をお伺いしてご予約が完了します。

  • えっ!この症状全部
  • 交通事故治療
  • ナチュラルスタイル
  • お客様の声
  • 新着情報
    ゆう鍼灸整骨院
    ゆう鍼灸整骨院
    院長 日高 雄史
    営業時間 平日 9:00〜12:00
       15:00〜20:00
    土曜 8:30〜13:00
    定休日 日曜・祝日・土曜午後
    電話番号 06-6682-3171
    所在地 〒559-0022
    大阪市住之江区緑木1-1-2 田中ビル1F
    アクセス
    住之江区北加賀屋駅3番出口より徒歩3分 スーパーマルナカさん向かい
    マップはこちら
    主な治療症状
    肩こり・頭痛  腰痛  すべり症治療  ヘルニア・脊柱管狭窄症  股関節痛  膝の痛みの治療  野球肩・テニス肘・ゴルフ肘  四十肩・五十肩  手の痛み、しびれ  逆子の治療  出産の準備・産後の骨盤矯正  小児鍼(しょうにばり)  生理痛・不妊症  不眠症・更年期障害  スポーツ傷害  交通事故治療  体のゆがみ  施術料金 
    ページの先頭へ戻る