大阪市・住之江区の鍼灸整骨院です。
肩こり・腰痛・更年期障害などの痛みや不調を相談ください。

定休日/日曜・祝日・土曜日午後
北加賀屋駅3番出口から徒歩3分
交通事故・労災取扱い・鍼灸、各種保険取扱

予約優先制・ご新規様は一日3名様まで 06-6682-3171 「ホームページをみて...」とお電話ください。
ゆう鍼灸院

野球肘

野球肘とは野球での肘の痛みのことをいいます

投球動作の中でボールをリリースする直前、腕が一番しなるタイミングのときに肘に負担がかかります
その繰り返しによって痛みがでてきます

肘の痛みと一言でいっても

痛む場所、「内側が痛い」のか「外側が痛い」のかによって、それぞれ原因がちがってきます




腕が一番しなる時、肘の関節の内側には強く開こうとする力が働きます

すると、そこに付いている靭帯が引き伸ばされて負担がかかります

必要以上に引き伸ばされる動きを繰り返し受けた靭帯は炎症を起こして痛みがでてきます

この靭帯を肘の内側側副靱帯といいます

肘の内側の関節が開くと、外側の関節は当然狭くなります

関節が狭くなり、繰り返し骨同士がぶつかり合うと炎症を起こして痛みがでてきます

この状態を「離断性骨軟骨炎」といい、悪化すると骨が欠けて関節遊離体、いわゆる関節ネズミとなり手術の可能性がでてくるので、早めの治療が必要となってきます

悪化を防いだり、再発を予防するためには

肘に負担がかからないように投球フォームの改善が必要となってきます

この投球フォームが悪いままだと、治療をして痛みがなくなっても、またすぐに再発してしまいます

ゆう鍼灸整骨院では、プロ野球チームの楽天イーグルスでも行っていた水戸部トレーナーのフォーム改善方法で

投球フォームを修正し、野球肘や野球肩の悪化・再発予防を行っています

野球でのなかなかとれない痛みや、痛めて治ってを繰り返している状態の方は

ぜひ一度ご相談ください!

肩こり・腰痛・更年期障害 ゆう鍼灸整骨院

〒559-0022
大阪市住之江区緑木1-1-2
田中ビル1F

住之江区北加賀屋駅3番出口より徒歩3分
スーパーマルナカさん向かい

予約優先制・ご新規様は一日3名様まで 06-6682-3171 「ホームページを見て...」とお電話ください
受付時間
9:00〜12:00
(8:30〜13:00)
15:00〜20:00 -

※日曜・祝日・土曜午後は休診です。
※お名前とご希望時間をお伺いしてご予約が完了します。

  • えっ!この症状全部
  • 交通事故治療
  • ナチュラルスタイル
  • お客様の声
  • 新着情報
    ゆう鍼灸整骨院
    ゆう鍼灸整骨院
    院長 日高 雄史
    営業時間 平日 9:00〜12:00
       15:00〜20:00
    土曜 8:30〜13:00
    定休日 日曜・祝日・土曜午後
    電話番号 06-6682-3171
    所在地 〒559-0022
    大阪市住之江区緑木1-1-2 田中ビル1F
    アクセス
    住之江区北加賀屋駅3番出口より徒歩3分 スーパーマルナカさん向かい
    マップはこちら
    主な治療症状
    肩こり・頭痛  腰痛  すべり症治療  ヘルニア・脊柱管狭窄症  股関節痛  膝の痛みの治療  野球肩・テニス肘・ゴルフ肘  四十肩・五十肩  手の痛み、しびれ  逆子の治療  出産の準備・産後の骨盤矯正  小児鍼(しょうにばり)  生理痛・不妊症  不眠症・更年期障害  スポーツ傷害  交通事故治療  体のゆがみ  施術料金 
    ページの先頭へ戻る