大阪市・住之江区の鍼灸整骨院です。
肩こり・腰痛・更年期障害などの痛みや不調を相談ください。

定休日/日曜・祝日・土曜日午後
北加賀屋駅3番出口から徒歩3分
交通事故・労災取扱い・鍼灸、各種保険取扱

予約優先制・ご新規様は一日3名様まで 06-6682-3171 「ホームページをみて...」とお電話ください。
ゆう鍼灸院

四十肩・五十肩

こんにちは! 住之江区緑木にある【ゆう鍼灸整骨院】です。

いつも当院のブログを読んでいただきありがとうございます。このブログでは、当院で行っている治療法やいろいろな疾患のこと、身体のための体操からちょっとした豆知識まで紹介させていただいております。

四十肩・五十肩は医学的には【肩関節周囲炎】と呼ばれます。

{4815F197-BAA7-4010-8B1E-6470EA828217}

40歳代〜50歳代で発症しやすいので四十肩や五十肩と呼ばれるようになりました。

名前の通り、肩関節の周囲に起こる炎症のことで、従来は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども含めて五十肩と呼んでいましたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩に含みません。

・肩に疼痛(痛み)と運動障害がある

・患者の年齢が40歳以降である

・明らかな原因がない

という3条件を満たすものを五十肩と呼びます。

代表的な症状に

髪の毛を後ろで束ねる動き=結髪動作

エプロンの紐を背中で結ぶ=結帯動作

を行うときに肩関節周囲に痛みがでます。

他にも、シャツを着るときに痛くて肩が挙げられない、突然肩周辺に痛みを感じるといった症状が現れたら、もしかすると四十肩・五十肩のサインかもしれません。

症状によって四十肩の進み具合を分けると
なんの前触れもなく突然「鋭い痛み」「刺すような痛み」が発生する急性期と、鈍い痛みに変わり、肩の動きが制限される慢性期があります。
急性期では突然片側の肩周辺に指先までしびれるような激しい痛みが数日間〜数週間続きます。
その後慢性期に入ると、肩が動かしづらい日が続き、痛みは「鋭い痛み」から「鈍い痛み」に変わります。

この疾患の原因は明らかにされていませんが

ヒトの肩関節は便利でとても広い範囲を動かせるようになっています。

が、それだけ構造が複雑になっています。

肩関節は肩甲骨と上腕骨が接続していて、周囲には多くの筋肉や腱、関節をスムーズに動かすための「滑液包」などがあります。

そのため炎症が起こりやすい部分なので、それが関係しているかもしれません。

急性期

この疾患は腕を動かしたときなどに、突然激しい痛みを感じて発症するのが一般的です。

急性期は肩と腕の痛みが強く、炎症がひどい時期で、動かさなくても痛むことがあるほどです。

二の腕や手先にまで痛みが伝わったり、しびれを伴うこともあります。

また、就寝中に痛みが激しくなる「夜間痛」が特徴です。寝返りをうつだけでも痛くて目が覚めてしまうケースもあります。

早い場合は数日で治ることもありますが、急性期は「増悪期」とも言われ、適切な処置を行わないと痛みが長引いてしまうおそれがあります。

この時期で重要なのは、安静にすることです。

痛みが起こるような動きは極力避けるように気をつけて下さい。無理をして肩を動かすと症状は悪化していきます。できれば重いものを持つのも避けましょう。

それから、急性期の痛みは炎症が原因のことが多いので、冷やすと効果的です。保冷剤や氷を包んだタオルなどを使って、患部を冷やしましょう。

冷やしても効果が見られないときには、温めて下さい。

慢性

急性期の炎症がおさまってくると、「鋭い痛み」「刺すような痛み」から「鈍い痛み」「重だるさ

」に変わるこの時期での治療が回復のカギを握るといっても過言ではありません。

慢性期に移行してからも、痛みを怖がって動かすことを避けていると、肩関節内外の癒着が進んでしまい、痛みが消えてからも腕が上がらなくなってしまうことがあるからです。

慢性期に移行したら、肩関節周囲の血流を良くするのと、肩関節の運動を積極的に行いましょう。

運動も過度の運動は禁物ですが、過保護すぎるのも禁物です。

ご自身での運動は痛いし、不安がある方は当院で負担のない施術や運動療法を行い、家でできる体操もアドバイスさせていただきます。

●当院へのアクセス  地下鉄四ツ橋線  北加賀屋駅  3番出口より徒歩3分

●スーパーマルナカさん無料駐車場の向かい

●加賀屋周辺にお住いの患者さんが多数来院してくれています。

●ご新規の患者さん1日3名様までで、予約優先制とさせていただいております。

●定休日  日曜日・祝日・土曜日午後

ご予約の際は『ホームページを見て、、、』とお電話ください。   ご予約でなくても気になることやご相談があればいつでもお電話ください。

肩こり・腰痛・更年期障害 ゆう鍼灸整骨院

〒559-0022
大阪市住之江区緑木1-1-2
田中ビル1F

住之江区北加賀屋駅3番出口より徒歩3分
スーパーマルナカさん向かい

予約優先制・ご新規様は一日3名様まで 06-6682-3171 「ホームページを見て...」とお電話ください
受付時間
9:00〜12:00
(8:30〜13:00)
15:00〜20:00 -

※日曜・祝日・土曜午後は休診です。
※お名前とご希望時間をお伺いしてご予約が完了します。

  • えっ!この症状全部
  • 交通事故治療
  • ナチュラルスタイル
  • お客様の声
  • 新着情報
    ゆう鍼灸整骨院
    ゆう鍼灸整骨院
    院長 日高 雄史
    営業時間 平日 9:00〜12:00
       15:00〜20:00
    土曜 8:30〜13:00
    定休日 日曜・祝日・土曜午後
    電話番号 06-6682-3171
    所在地 〒559-0022
    大阪市住之江区緑木1-1-2 田中ビル1F
    アクセス
    住之江区北加賀屋駅3番出口より徒歩3分 スーパーマルナカさん向かい
    マップはこちら
    主な治療症状
    肩こり・頭痛  腰痛  すべり症治療  ヘルニア・脊柱管狭窄症  股関節痛  膝の痛みの治療  野球肩・テニス肘・ゴルフ肘  四十肩・五十肩  手の痛み、しびれ  逆子の治療  出産の準備・産後の骨盤矯正  小児鍼(しょうにばり)  生理痛・不妊症  不眠症・更年期障害  スポーツ傷害  交通事故治療  体のゆがみ  施術料金 
    ページの先頭へ戻る